【最大10%還元】6/21~6/22 Amazonプライム開催!攻略方法まとめました

【住宅購入】アメリカの人たちにとっての『家を買う』とは?

一条工務店 アメリカ

日本では、結婚、出産などのイベント時に新築を購入することが多いと思いますが、

今日は、他の国ではどんなタイミングで家を買っているのか調べてみました。

海外すべてでは当然記事がまとまらないのでw今回はアメリカに絞ってみました。

住む家はほとんど中古物件

日本では、家を買う=新築のイメージが強いですね。私も全く同じ考えでした。

家を買うことになった時、当然中古物件も見ていましたが、なんとなく新築を選んでしまいました。

別に悪いことではないと思います。日本では殆どの人が新築物件を購入します。

私の知り合いの中に中古物件を買った人はいません、、、笑

そのぐらい日本では家を買う=新築物件購入を意味します。

ただ、アメリカでは全く逆なんですね。

新築を購入する人に対して中古を購入する人の割合の方が10も多いんです。

びっくりですよね笑

中古物件なので築30年とか築50年とかざらにあるみたいです。

DIY好きな人だったら良いかもしれませんねw直し放題ですw

ライフスタイルごとに住み替え

海外ではライフスタイルごとに住み替えるのが基本らしいです。

人によっては十回以上住み替えるみたいですよ。

日本ではあまり考えられないですね。

持ち家のメリット

また、家の価値は、日本のように「上モノは無価値」とならず、

購入したときとほぼ同等の価値になることが多いようです。

もちろん修繕をしておくことは大前提ですが、、、

なので、購入する際に、「一生ものの家だ」とか気負いせずに、購入して嫌だったら別の場所に住めばいいぐらいにしか考えていないようです。

羨ましいですw

家を一生ものというよりも、そこに住む権利を手に入れるという考え方でしょうか。

価格は?

価格はピンからキリまでありますが、

ざっと調べたところ、

土地、建物込み。土地の広さ500㎡超え、床面積150㎡で3000万ぐらいからありましたw

めちゃめちゃ土地広いですねwそれでいてめちゃめちゃ安いですねw

多分、簡単に調べただけなので、もっとしっかり調べればもっと広くて安いところがあるかもしれませんが、

なにせアメリカの物件情報なんて調べてもあまり出てきませんでした、、、

投資関連の情報が多くあまり参考になりません。

まとめ

アメリカでは、家を買うことは、一生その家で生活していくというわけではなく、

ライフスタイルに合わせて、居住スペースを適宜変えていくのが普通のようですね。

また、築年数もそれなりの年数が経っていても売買できるので、日本のように売れないことにビクビクせずに、

多少は気楽に家の購入ができるかもしれませんw

たまには目の前のハウスメーカから離れて海外に目を向けてみると新しいインスピレーションが生まれいい刺激になりますねw

アメリカでは中古物件が普通だから俺らも中古だ』って言ってるわけではありませんwww

日本は中古事業よりも新築事業のほうが売れてます。完全にアメリカの逆です。

日本の風習に流されているだけではもったいないので、他の国の風習を知っておくことがとても大事なことになり、自分の視野が広がります。

『ふーん、そうなんだ。』って思ってくれればいいだけですw

ハウスメーカと間取りの打ち合わせの時に『あっそういえばイクローが。。。』みたいな感じで思い出していただき、

煮詰まったときの突破口になってくれれば幸いですw

それではばいばい!!

【住宅購入】家買った人 5000円もらえるよ!! でもちょっと待って?!

2 COMMENTS

ちょび

初めまして、i-smartに住んでいるちょびと申します。
米国在住経験があり、家の売買も経験しました。

アメリカと日本で決定的に違うのは、アメリカでは売り手、買い手それぞれに不動産エージェントが付き、クライアントの利益を最大化するために手を尽くすという点かと思います。通常は買い手が購入を決める条件として、事前にハウスインスペクションを実施することが多いです。基本的にインスペクターは買い手側(の不動産エージェント)が手配しますので、買い手にとって購入額に見合う物件かどうかを詳細にインスペクトしてくれます。修理が必要な部分があればリストアップし、購入前に修理する、あるいは値引きの交渉が行われます。売り手が売却を急いでいなければ交渉を拒否することもありますし、売り手市場なら、そのままでいいから購入したいとか、もっと高い値段で購入したいとかいうオファーが横から入ることもあります。

また、通常売り手側、買い手側両方の不動産エージェントの費用は売り手が負担することになっています。こうして徹底的に家を買いやすい制度を整えているんですね。

日本で不動産を購入して驚いたのは、同じ不動産屋が売り手、買い手両方を担当するというシステムでした。これでは不動産屋と信頼関係を築くことなど不可能ですし、不動産価格が市場原理に反して操作されてしまいます。不動産業界や建築業界の利益を守るためのシステムなんだと思います。

ただ最近はそうも言っていられないようで、徐々に中古住宅を評価しようという動きが出ていますね。日本のスクラップ&ビルドの文化を苦々しく思っている私にとっては喜ばしい変化です。記事中に書かれているように、アメリカではライフステージの変化や転職で比較的自由に家を住み替えます。安い物件から始めて何度も売買を経験するうちに、物件を見る目も養われます。

長々と失礼しました。
私の知識はアメリカ限定ですが、参考にしていただければ幸いです。

返信する
イクロー

ちょぴさん

アメリカ在住経験がお有りなんですね。

壊して新築建てて、壊して新築建てるよりも、
直して、住んで、直して、住んでの方が何倍も効率がいいと思うんです。

不動産業界の利益は減ると思いますが、
この業界はもらいすぎですよ。

しかも、IT分野にすごく遅れてる業界だと思います。

今後、IT技術が更に発達していけば今までのやり方は通用しなくなります。

ハウスメーカには、より顧客目線な対応をしていかないとお客さんはつかないですね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です