【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

【タウンライフ家づくりの闇】メーカーは『9割無視』⁈ハウスメーカーの本音に噛みつく【お前頭わるいんか?】

こんな内容の口コミがありました。

気軽に依頼できる資料請求に対して、メーカー側が思っている事

大手住宅メーカー営業です。
プランや見積作るのに、どれくらいの労力(コスト、時間含め)かかるのか分かっていらっしゃらないと思います。サイト運営側もユーザー側も。
タウンライフさん他、資料請求の類は9割スルーしています。(展示場に来場されるお客様を優先してフォローしています。)
そもそも、注文住宅を”気軽に依頼できる”と謳っている事自体に、

ユーザー側とメーカー 側との間に乖離があります。
注文住宅は膨大な情報から最良のプランをご提示する大変な作業なのです。
展示場に足を運び、要望を伝えてくれるお客様の方がダントツで真剣度高いですから、そちらを優先するのは当たり前です。
優秀でクレームが少ない営業程、展示場での接客に回されます。会社側も無駄な労力を真剣度低い資料請求に使わせない様にする為に

この人が悪いわけではないです。完全にハウスメーカー側の落ち度です。

理由はこちら。

  • 展示場の営業マンが対応しており、担当レベルの業務過多が発生している
  • ハウスメーカーの上層部がインターネットに疎い
  • これだけ人気なのに対策を打たない

それぞれ深掘りしていきます。

展示場の営業マンが対応しており、担当レベルの業務過多が発生している

そもそも、このタウンライフ家づくりのサービスは今に始まったことではありません。
ですが、今日のこの日まで、「資料が送られてこない」、「カタログだけ」などの評判が相次いでいます。

これは詐欺と言われてもおかしくないでしょう。

ただ、営業マンからすると、展示場の対応や、既存顧客の対応をしつつ、
片手間で間取り作成などをしているんでしょう。

こんなんだから、評判がどんどん悪くなるんですよ。

ハウスメーカーがもっと潤沢な資金で人を雇いましょうよ。間取り、見積もりが作れる人だったら誰でもいいでしょう?

建築に関しての勉強をしている人をバイトでもいいのでWEB担当として雇ってやっていけば、評判はうなぎのぼりだと思います。

単純に担当レベルで対応できる範囲を超えているのでしょう。

ハウスメーカーの上層部がインターネットに疎い

コロナ環境で住宅展示場にいけない人に向けて、なぜ営業をかけないのか?

インターネットを使えばほとんどの業務過多は改善されます。

  • なぜ住宅展示場に行かなくてはいけませんか?ZOOMではだめですか?
  • 実際に物を見たいのであれば、郵送で送ってもらえませんか?
  • 電話やテレビ電話、郵送などを使ってもっと効率化をなぜ図らない?
  • なぜ昔からのやり方で営業をしてるんですか?

不動産の営業マンは50年以上同じやり方をしているし、自信もあるんでしょう。

ただし、今はSNSの時代です。

適当な物を作ったり、言ったりするとSNSですぐ拡散され評判が落ちます。

ただし、逆にチャンスにもなります。

素晴らしい対応をしていれば、それが拡散され評価されることもあります。

私たち一般庶民には、素晴らしい時代ですよね。

だって真実がわかるんですから。

ただし、一般庶民はスマホで情報収集をしている中不動産の営業マンは、どうやって営業してますか?

なぜいまだに間取り図面は「紙」なんですか?なぜデータはCDで焼かれて手渡しなんですか?

変わる必要があるのはどちらでしょう。

これだけ人気なのに対策を打たない

資金不足で対策を打っていないことはないと思います。

単純に価値を理解していないだけでしょう。

上層部は多分こう考えてます。

  • どうせ無料サービスからくる顧客は購入意思の低い奴だけ
  • 住宅展示場に来てくれたお客様だけ真摯に対応しよう
  • 仕事が回らないのは会社のせい

でも私たちは

  • 安くマイホームを建てたい
  • いろんなハウスメーカーを比較したい
  • 間取りのイメージを作りたい

って考えてます。

住宅展示場に行って話を聞くとあれよあれよと契約まで行ってしまうのはなぜですか?
すぐに来週の予定を決めてまた会う日をつくっていくのはなぜですか?

自分が契約を取りたいからですよね?

私たちは、あなたの契約なんてどうでもいいんです。
きれいなキッチン、広々としたお風呂、かっこいい外壁に惚れて契約を考えるんです。

最初の「ハウスメーカー選定」の時点でもう顧客との乖離が始まっているんですよ。

住宅展示場に行って購入する人なんて「良いカモ」か「時間がない人」「お金に余裕がある人」です。

それは、人口の何割ですか?ほとんどの人は「お金に余裕はない」人でしょう。
だったら、失敗できない→情報収集→一括請求をするでしょう。

話が脱線しましたが、この営業マンが言っている「資料請求は9割無視、住宅展示場のお客様を優先」というのは、購入意思のある大半のユーザーを逃していることになります。

よって、この営業マンの企業は頭のわるい会社だということです。

もし、この記事を読んでいるハウスメーカー系の企業様がいたら雇ってください。

契約取ってきますよ💛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です