【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

【付き合って10年目】子どもができて妻を尊敬した話 世の男性諸君見てくださいw

愛してる

どうもイクローでございます。

この今日は、ブァレンタインデーです。

この日は私にとって大事な日です。

それは、

妻と付き合って10年目記念日』だからです。

10年間付き合うと妻を尊敬できる

10年非常に濃い毎日を送っていたと思います。

毎週土曜日は必ず会って、月に一回はディズニーに行って、同棲してから結婚して今までずーっと一緒にいて。

本当に濃い毎日を送っていたので、私の両親よりも一緒にいた時間が長いと思いますw

出産前までは尊敬できなかった

出産前までは尊敬できていませんでした。

彼女のことは愛しているんですが、自分の人生やプライベートの選択の際は全て自分で決めていたため、

妻は彼女として、楽しい毎日を送っていただけでした。

出産後に頭の中が覚醒しましたw

出産というのは人生観を変えるとよく言いますが本当にその通りです。

出産して新たな生命を見ることができるのはただの通過点です。

ただ、私はこの出産のときの妻の頑張りに心から尊敬できました。

なぜ尊敬できたのか?

今まで尊敬してなかったなんて言うと怒られると思いますが、

いい感じの言葉が見つからないのでとりあえず「尊敬できなかった」としますが、

妻から怒られるまではこのまま行こうと思います。

妊娠から出産までの壮絶な戦い

妊娠してからと言うもの、もう自分ひとりの体ではないため、

妊娠してから色々勉強した

こどもにいい影響を与える食べ物を食べたり、

たくさんのマタニティーブックを見たり勉強をしていました。

といっても、産休に入って出産するまでは、毎日本当に暇だって言ってました。

産休に入ってからはめちゃめちゃ暇

うちの嫁は「毎日DSやってる」って言ってましたw

疲れて家に返ってくると、「ねぇーねぇーこの謎解きとけないんだけど(レイトンのゲーム)」とか言ってきて、

一緒に謎解きをしていました。

でも本当は辛かったんだと思う

日に日にお腹がでかくなっていき、立ち上がるのも一苦労。

なのに妻は、一言も私に文句を言ってきたことなんてないし、常に私の気遣いばかり。

本当に本当に素晴らしい妻だと思い尊敬。

出産当日も強い妻

出産当日、朝からお腹が痛いという妻。

私は、当然仕事があるので何かあったら連絡してと言い残して妻を一人で家に置き去りに、、、

AM9時お腹が痛くて自分で車を運転して産婦人科へ行き、診察してもらいましたが、

まだ、子宮口が開いていないということで、分娩室にも待機室にも入れず家に帰ることに、、、

お腹が痛くて泣きながら家に帰り、

先生から「痛みのペースが5分間隔になったらまた来てください」と言うことなので、

ノートを引っ張り出して、痛みの経過を書くことに。

PM1時、私に早く帰って来てほしいと連絡。3時ころに家に着くと、

ソファで汗をかきながら横たわって痛みに耐えている妻。

その手に持っているノートを見て驚きました。

1ページを縦折して半分にして痛みの間隔を書いていましたが、10個や20個ではなく、約4ページに渡って痛みの経過を書いていました。

そんな状態でも私に気遣いをしてくれて「ごめんね、、仕事大丈夫だった?」と。

大変そうな妻を見て一緒に病院に行く途中でも陣痛が来て、歩けなくなり、そして、地面に手を付く妻。

一緒に立ち止まり、なんとか車に乗せて、再度産婦人科に行き、ようやく待機室(名前違ってるカモ)に入ることができました。

横になると少し楽になるらしいので、「今のうちに夕飯食べてきていいよ」と言ってくれたので、

当然、おにぎりを買ってここで食べようとしましたが、そんな時、看護婦の人から

「できれば、奥さんのためにウィダーとかスポーツドリンクとか買ってきてあげてください。痛みで食欲でないと思うので。」

とアドバイスをいただきましたので、早速、買いに行きました。

その間も妻は痛みに耐えて頑張ってくれていました。

帰ると相変わらず痛みに耐えている妻。

結局、夜の12時になっても生まれませんでした。。。

もう心身ともに疲れ切った嫁は、寝ながら痛みに耐えるという技を使いなんとか耐えていました。

私はずーーーーーっと妻のお尻の穴にテニスボールをくっつけて、もう片方の手で妻の腰をさすりながらテレビを見ていたので、

妻が何をしていたかずーっと覚えているんですねw

結局、子どもが生まれたのは夜中の4時ごろでした。

出産後の眠れない日々に戦う壮絶な戦い

出産後、一ヶ月は妻の実家で育児をし、私は週末に顔を見せるだけでした。

一緒に住んでいた賃貸マンションに帰ってくる日から夜泣きをするので、妻は常に睡眠不足でした。

多分平均3時間ぐらいしか寝ていないんじゃないでしょうか?

そんな状態でも、私に当たってくることもなく、普通の生活を過ごそうと努力していた妻。

尊敬。

マジリスペクト。

今だからいえますが、私は本当に育児してませんでした。。。。

半年ぐらいまでは完全放置と言っても過言ではありません。

そこから徐々に母性本能が芽生えて来て今では妻に撒けないくらい育児を頑張ろうとしています。

普段の生活で子どもに対する対応

どんな辛いことがあっても子どもに絶対にぶつけないし、

子どもに絶対心配させるような言動や行動はしない。

この世の負のことは全て吸収して、子供に対しては良いことしか与えないような人です。

本当にやばくないスカ?

まじリスペクト。尊敬。

たくさんの愛を持っていることを証明してくれた妻

私は、今の妻の母性本能ステージに辿り着くまで3年以上かかりましたが、

妻は、最初からこのステージで頑張っていたことを考えると、出産って本当に大変なことですね。

男は、妊娠させるだけで自分の体は何も変わりませんから、愛する人が出産して、体が変形して、痛みに耐えて、新しい生命ができても、中々自覚がわかないんでしょうかねw

ただ、当然人によると思います。私の知り合いの人は生まれたときから妻よりも子どもを愛して、子どもはお母さんよりもお父さんがスキって言う人もいます。

人それぞれでしょうが私は、自覚が遅かった派です。

本当に心のそこから愛しています

高校時代からひと目見た時に「この人だ」と思いましたよ。

けど、ここまで長く一緒にいてもずーっとスキでいられるのは、なぜなのかよくわかりませんが。

いま、こうやって記事を書いていると、今まで私にやってくれた事は常に気遣いのある優しい言葉ばかりでした。

そんなことが当たり前になってしまうと、喧嘩したりしてお互いを傷つけてしまうと思うんです。

当たり前を当たり前と思わない。そんな簡単なことが本当に大事なことなんだと気づきました。

これからも人生楽しく生きていきましょう

結婚したのでこれから人生を二人で生きていきますので、

その人生はつまらない人生だと本当に生きている価値がわからないので、

楽しく笑いながら健康的に幸せな人生を過ごしていきましょう。

私は、いまその準備段階ですが、楽しく人生をみんなで歩むために頑張っていますので、

これからも応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です