【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

料理時短 チョ~簡単に誰でも時短できる方法

簡単時短術

今日は、『少しだけ考え方を変えるだけの簡単時短術』です!!

めちゃめちゃ勉強になりました。

ぜひ一度実践してみてください!!!

その短縮術はどのぐらい効果がありますか?

食事の支度は本当に大変です。

その中で、少しでも手を抜けるやり方や、作り方は本当に大切です。

新婚のときは、長く時間をかけてコツコツが幸せでしたが、家族が増えたり、忙しい毎日だから、いかに楽にするかは、主婦の自分のアイデア次第です。

主婦は、食事の支度は、1日2〜3回は作ります。それを365日一年でやるのは本当に大変です。それを何年も、何年もは。

食事の支度の時、洗い物を少しでもなくす。

洗い物を沢山出さないで食事を段取りよく、手ぎわよくすることで、一回の食事の支度から、片付けの時間がかなり変わると思います。

その短くなった分、少しでも、自分の時間に使えるのは本当に大きい幸せな時間になります。

そのことを、自分でわかって、毎日に取り入れたら、本当に、楽になれます。

何故その短縮術をやろうとおもったのですか?

家に沢山の人が集まるとき、色々細かい物を何品も作るより、やはり簡単で豪華にみえて、みんなで楽しく食事ができて、それで、最後の一人での後片付けがいつも大変になります。

もうクタクタになります。片付けるときには、もう、力がなくなってしまいます。

洗い物は正直大変です。洗うだけでなく、吹きまでやって、食器棚までいれる。

これで最後の片付けが終わるのです。この、洗い物は本当に大変です。

その時思ったのが、食事を作る時から、洗い物を少なくしていけばいいと。

イクロー

惚れた、、(嫁いるけど)

洗い物が少なくて、最後の片付けのときは、使ったお茶碗と、お皿、お箸、カップたげになれたら、らくになれる。

自分の時間を使えて、身体も心も早く休めると。そう思いつきました。

その短縮術はどのようなものですか?

例えば鍋をする時、

食材を切って、ボールに入れて洗って、野菜をビニール袋に一つづつ入れます。

白菜、キャベツ、ネギ、他野菜類、キノコ類、ビニール袋にいれます。

鍋の時、このビニール袋から野菜、キノコ類をだします。なので、ボールの中身がきれいになったら、ボールをすぐ洗います。

普通なら、野菜の入れてお皿や、ボールご最後まで残って、洗い物が沢山になってしまいますが、『不要なものはすぐに洗う』ように心がけるだけで、だいぶ楽になります。

肉類は、パックから出して切ったら、パックを洗って拭いて、このパックにまたお皿が割りにして使います。

お肉のお皿は、使わないので、洗い物なしです。

魚を使う時は、ビニール袋。肉団子も、ビニール袋に入れて作ります。

だから、鍋の時のお皿類、ボール類は後片付けの時、一つもないです。

本当に楽です。これは、鍋だけでなく、野菜など、処理をして、ビニール袋に入れておくこのやり方、本当に便利てます。

まとめ

おすすめ商品

ビニール袋ですw

中くらいのビニール袋が一番使いやすいです。薄いものしかないときは、ものによって、二重にして使うといいてます。肉類とか、魚類は、二重がよいと思います。破れないためにも。野菜類は、一枚使いで大丈夫です。

最後に

めちゃめちゃ勉強になりました。

我が家では、肉を切ったらお皿の上に一旦おいてます。ですが、食卓に並ぶお皿ではなく、『お肉を載せるようのお皿』でした。

野菜も同様です。。。

これがなくなるだけでだいぶ食器洗いが楽になりますねwwww

今日からやってみますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です