【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

一条工務店のIHコンロ 施工不良のチェック方法

先日、食洗機のコンセントを確認しました。

以前家を建てた時期によっては、コンセントが床に転がっていたようで、そうなると『施工不良』となります。

我が家は壁に取り付けられたコンセントにさして水が通る部分から少し離して設置されていました。

そんなこんなですが、今日はIHコンロのコンセント施工状況を確認しました。コンセントが床に転がされてるとアウト!!

食洗機と同様に、コンセントが床に転がっていないことを確認しました。

食洗機の時は、壁に取り付けられてましたが、IHのコンセントはどのようになっているんでしょう?

一緒に見て行きましょう。

手順は簡単でした

手順はこんな感じ(基本は食洗機と同じです。)

  1. IHコンロの下の引き出しを引き抜く
  2. 引き出し下の奥にある板を外す
  3. コンセントを確認する

ポイントは2つ

IHコンロの下の引き出しは非常に大きいので気をつけてください。

引き出しの下の板を外すにはネジが必要です。

確認結果

まずは『IHコンロの下の引き出しを引き抜く』

我が家の引き出しこんな感じ、この下の引き出しを引き抜きます。引き抜くとこんな感じ。引き抜くポイントは、食洗機の時と同じように一番手前まで引っ張ってから上に持ち上げます。

パキパキ言いますが気にせず頑張ってください笑

引き出し下の奥にある板を外す

これはプラスドライバーが必要となります。

この2つの板を外します。

コンセントを確認する

さあではコンセントを確認して行きましょう!

一様、床にちゃんと取り付けてありました。

壁に取り付けられてなく、床に取り付けられてましたが大丈夫なのでしょうか。

まあ床にコンセントが転がっていなかった事だけでも良しとしますか笑

今度説明書を確認して見ますね!

それではバイバイ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です