【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

大手ハウスメーカー社員が大暴露!最高の家は社員でも作れる簡単な成功例

私の友人が勤めている会社は建築業界の会社であり、

その会社のお客様はハウスメーカーが多く色々と自由が効かないみたいでした。

こちらもどうぞ!!

一条工務店【一条工務店 給湯システム】エコキュートの使い方 わかりやすい操作パネル一条工務店一条工務店 新築 忘れ物!?壁紙が家に置きっぱなしw一条工務店 新築 住んで一ヶ月で壁に亀裂!!!ヤベェw 原因は湿気によるものだった

 

自分の家を買うとき

マンションを買う場合や、家を建てる場合は、

自分の会社のお客さんである会社の中から選択することが会社から強要されています。

本来はもっとリーズナブルなメーカーにしたかったのに、

仕方なくそのメーカーに依頼しました。

最初は話も聞いてくれない

設計打ち合わせでも要望を聞き入れてもらえず、

私のことを下請けのオッサンとしか見ていない感じでした。

それでも、話を進めていよいよ着工し、現場にも何回か足を運びました。

私も自分自身が自分の仕事でヘルメットを被って安全靴で現場に行くこともあり、自分の家の現場への思いは強かったです。

そこで、依頼したハウスメーカーの監督とも話が合って対応が良かったです。

いままで、営業マンや設計者は私のことを下請けのオッサンとして見ていて、感じは良くなかったですが、現場担当者は同じ建築業の人間同士というフレンドリーな話し方でした。すこし打ち解けました。

下請けさんたちが神だったw

特筆すべきは下請けさんたちです。

下請けの業者さんたちに私の職種がわかったようで、同じ協力業者同士で、同僚や友達の家を建てている風の身内感がありました。

営業マンに私の要望を聞き入れてもらえなかったときは、どうなるかと思いましたが、下請けさんたちが良くしてくれて最終的には満足の出来になりました。

これは建設業界の社員あるあるかもしれません。

 

これは、ハウスメーカーが素晴らしいんではない。。。

 

下請け業者の方々の『侠気(おとこぎ)』がかっこいいのだw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です