【100万安く新築マイホームを建てる方法 10選】

生命保険はまじで要らない【理由まとめ】

結論、

生命保険とは、他人を守るための物である。

です。

理由としては、

  • 自分の身に何かあったときにお金が渡される。
  • 重いけがや病気になるともらえるお金の量が増える。
  • 医療保険である程度は賄えるが、先進医療などは保険適用外
  • 助けてくれる家族を少しでも楽にさせて上げれる物

健康寿命を延ばすための保険もありますが、生命保険の基本的な所はこんなイメージです。

要は、もらったお金は自分では使えないんですね。

「怪我が治ったら遊ぼう!」とかのために支給されるものではありません。

延命や医療を受けるため、家族の負担を少しでも軽減させるためです。



自分の身に何かあったときにお金が渡される。

家族なんてどうでもいい。

って思ってる人はいないと思います。

誰でも家族の身に何か起きたら心配になりますよね。私も遠く離れた家族に何かあったら今すぐにでも飛んでいきます。

そんな「家族を思う気持ち」をお金に換えるのが「生命保険」です。

なので、自分でお金を使うなんてことは基本的にできないです。

ただ、今日まで支えてくれた、怪我・病気を一緒に戦ってくれた人たちに感謝の意を込めてお金を上げます。

こんなイメージですかね。

重いけがや病気になるともらえるお金の量が増える

ガンや高度障害などの場合は、受け取れる保険金の額が多くなります。

ここで、重要なのは「ヤバい状況ほどお金がもらえる」ってことです。

自分のためには、なりませんよね。

医療保険である程度は賄えるが、先進医療などは保険適用外

国の医療保険で、3割負担なのは知ってますよね?

がんなどになっても保険適用内でいろいろやることはできますし、月10万以上医療費を負担している場合は、国が全額負担をします。これは国民健康保険の規約に書いてあります。

ただし、どうしても治したいと思っているなら先進医療を検討していくと思いますが。これは保険適用外デス。

自腹で100万以上払わなくては治りません。

要は、生命保険に入っていれば、全てタダというわけでもないんですね。

あ、もちろんオプションで先進医療も負担してくれるものがあります。

助けてくれる家族を少しでも楽にさせて上げれる物

重い病気になってしまい、自分一人では何もできない。

家族の負担が増える。

「いつもごめんな。ありがとう」

「全然大丈夫だよ。早く元気になってね」

もらったお菓子代、交通費代、世話してもらった時間。

全て家族からもらうことになります。

「世話してもらった分、夕飯作るの遅くなっちゃったからこれで夕飯買ってきな」

亡くなった後、保険金を使って子どもたちが家を買ったり。

自分の世話をしてもらった恩返しができる保険だと私は思います。

生命保険不要説の一番の理由

今、SNSで「生命保険に入っている人は情弱」などと言っている人が多く居ますよね。

私に言わせれば「この動画を見て、生命保険を解約する人ほど情弱」だと思います。

バズらせるために、基本理念だったり、一般的なことをぶち壊して不安をあおり、知名度を上げているだけです。

あなたは、本当に生命保険要りませんか?

動画を見る前から、不要だと思ってましたか?

その動画は、きっかけをくれただけにすぎません。

「生命保険がいらないかもしれないけど何をすればいいかわからない」

「生命保険、本当に解約してしまっていいのかな」

まずは、自分で調べましょう。そして、まとめて他人に話しましょう。

これでOKです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です