【初めての家づくり】一条工務店で家を建てるならやってほしい無料サービス

【2018年 坪単価格】一条工務店で建てた35坪の我が家の坪単価格を大公開!!

一条工務店 坪単価

みなさん知りたい坪単価についてまとめたいと思います。

実際に掛かった坪単価

まずは、我が家の見積もり価格はこちらです。

支払い総額

建物本体工事御見積書21,213,425円
建築申請・その他業務諸費用467,400円
付帯及びその他工事費1,244,100円
標準仕様外工事御見積書655,740円
建物工事費合計(税抜)23,580,665円
消費税 1,886,453円
建物工事費合計(税込)25,467,118円

イクロー

消費税で車買えますねw

最終的な坪単価は?!

坪単価の計算方法
建築工事費合計 / (施工面積(㎡)× 0.3025 )

我が家の見積もりに当てはめて見ましょう

建築工事費合計 25,467,118円 / (施工面積 112.62㎡ × 0.3025 )
= 747,547円/1坪当たり

我が家の坪単価は、

747,547円(税込み)

となりました。

以降では、項目ごとのご説明をしたいと思います。

建物本体工事御見積書

この項目は施工面積に対しての建物価格と、法人割引が記載されています。

建物価格21,646,352円
法人契約特別割引-432,927円
合計21,213,425円

建物価格は施工面積と㎡単価をかけた価格となります。

建物価格
112.62㎡ × 192,207円 = 21,646,352円

また、法人契約特別割引の対象だったため、2%の割引となりました。

法人契約特別割引とは
契約者が、一条工務店との契約している企業の社員であれば建物価格の2%が割引されるという物です。

イクロー

ただ、一点だけ気をつけてください。
全てが割引されるわけではありません
建物価格総額から2%引かれるわけではありません。
割引対象名のは、建物価格からの2%引きとなりますのでお気をつけください。

イクロー

ここに文

建築申請・その他業務諸費用

建築申請・長期優良住宅手続き及び諸費用397,000円
住宅瑕疵担保責任保険法人検査確認書45,000円
中間検査申請手数料25,000円
合計467,000円

イクロー

ここは曖昧な表現の項目がありますね。

『建築申請・長期優良住宅手続き及び諸費用』という項目で40万近く払っています。

この項目は、”家を建てるための官公庁”への申請手続きや申請書作成のための費用です。

イクロー

当然値切りましたw

実際の申請にかかるお金は、5万くらいなのですが、資料を作成するのに時間と手間がかかるようです。

『僕ら手伝ったりするんで安くしてください』と言いましたが、苦笑いで華麗にスルーされましたw

ここはもしかすると、値下げできるかもしれません。

付帯及びその他工事費

仮設工事350,000円
屋外給水設備工事(一般仕様)246,000円
屋外排水設備工事259,500円
屋外雨水設備工事158,600円
特別運搬費230,000円
合計1,244,100円

建築工事の際に必要になる『仮設工事』、屋外の『給水』、『排水』、『雨水』の設備工事、『特別運搬費』が項目として上がっています。

総額120万超えです。

この部分についてはたくさんのことがあったのですがその中で2つだけお話したいと思います。

仮設工事

この項目は、契約後に追加されました。

詳細はこちらの記事をご確認ください。

特別運搬費

こちらも、契約後に追加されたのですが、

この項目は、土地に水道管を引き込むための費用とのことでした。

以前、この土地は『駐車場』として利用されていたため、水道管が通っていませんでした。

その水道管を引き込むための水道管代水道局への申請手続き代その他工事費が含まれて23万となっております。

イクロー

明細は言わなきゃくれません

また、この23万の明細は言わなければもらえません。

『特別運搬費』というパッと見たただけでは全くわからないような項目は必ず明細をもらいましょう。

標準仕様外工事御見積書

ベタ基礎373,100円
玄関ポーチ側面タイル追加(ヨーロピアンタイル・テラコッタタイル)1,800円
雪止め金具34,300円
ハイドロテクトタイル外壁全面貼り238,400円
玄関ドアスマートキー10,000円
天井埋め込み型ナノイー発生機45,000円
グランドカップボード(ベーシックタイプ)243,000円
浴槽変更(アクリル人造大理石浴槽スクエア型)50,000円
スマートキッチン 3種類より選択140,000円
オリジナルシステムキッチン水栓変更13,400円
タンクレストイレ設置 1箇所47,500円
大型ハンドル 2箇所4,000円
電気工事追加-2,500円
情報コンセント(LAN・TV)33,000円
分電盤変更(避雷器付き)10,000円
分電盤変更(感震リレー付き)14,000円
オリジナルLED照明器具22,800円
LED照明で省エネ・節電キャンペーン96,900円
高性能樹脂サッシ用網戸102,200円
深基礎工事58,000円
ポーチ補強工事(深基礎タイプ)43,500円
屋外物干金物(屋外用壁付けタイプ)8,400円
ポーチ階段追加10,000円
壁下地補強7,200円
断熱材変更-613,260円
特別減額対応-100,000円
サービス計-235,000円
合計655,740円

簡単にまとめたものはこちらです。

オプション総額1,604,000円
値引き-948,260円
合計655,740円

他の方のオプション費用よりも遥かに安くなっていると思います。

要因としては、『火災事故による減額対応』、『極力オプションを付けないw』の2つがありました。

火災事故による減額対応

詳細はこちらの記事をご確認ください。

この火災事故による影響で、『断熱材』が影響を受けました。

我が家は、断熱材の材料変更を了承して、60万近く減額しました。

極力オプションを付けない

本当はもっとたくさんオプション付けたかったんですよ。。。。

イクローが付けたかったオプション
  1. シアタールームセット
  2. i-smart専用ローボード
  3. 門柱ユニット
  4. ビルトイン浄水器
  5. オールメタル対応のIHクッキングヒータ

など全て諦めました。

イクロー

お金が無かったのでw

この厳しい予選を勝ち抜いたのが

  • 玄関ドアスマートキー
  • タッチレス水栓
  • タンクレストイレ

ですw

それぞれの記事をまとめておきました。

素晴らしい製品ですのでぜひ参考にしてみてください。

最後に

最終的に支払った建物金額の坪単価は747,547円となりました。

ぼくの場合は、一条工務店の火災事故の影響を受けて、i-series2の性能アップである『断熱材』を以前のモデルのものに変更しました。

そのため、大幅な割引がありました。

他の方の坪単価を確認しても、80万〰90万となっていることが多いですね。

ネット上に上がっている坪単価一覧で家を建てれるということではなかったです。

しかし、実際に相見積もりを手に入れることができれば、坪単価なんて気にしなくても良かったはずです。

相見積もり
一つの工事について複数の業者から見積もりを出させて比較すること。また,その見積もり。 〔略して「あいみつ」ともいう〕

住宅展示場を走り回って、見積もりを手に入れようとしても、非常に時間がかかります。

各社、住所を記入して、家を状況、家族状況、間取りのこだわりなどを伝えていてはどんなに時間があっても終わりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です