【初めての家づくり】一条工務店で家を建てるならやってほしい無料サービス

【仕事論】営業からエンジニアに転職した 諦めないバカにされて怒られても

イクローブログ 営業 エンジニア

おはようございます!!

今日もブログ更新をしていきます。

 

今日のテーマは「営業マンからエンジニアへの転職」です!!

転職当時は、毎日不安でしたし、エンジニア業界のノリ?になれるまで時間がとてもかかりましたが、

営業に比べてめちゃめちゃ暇なので、空いた時間で本を読んだり、記事を書いたり、一条工務店で家を立てたりしましたw

***他にもたくさん記事書いてますので見てくださいね***

一条工務店 ミサワ トヨタホーム むかつく、うざい事ベスト3 サラリーマン 残業 【仕事論】残業は人生の無駄遣い 本当に頑張ってる人は定時帰り  経営者 時給換算 【仕事論】遅刻1分はいくらの損失なのか 経営者じゃない私が経営者思想を学ぶ

私自身、一部上場営業マンから派遣型エンジニアへ転職しました。

 

これは、非常に同僚や上司から

「今大変だからやめるんでしょ」

「なんでエンジニアなんて行くの?もっと大変じゃん!」

などなど、批判を多く受けました、、、

 

ですが、その批判を振り切り、転職しました。

今では、転職してよかったと思っています。

 

なぜ転職したのか

転職を考えたのほ、

営業がつらいからとか上司との関係が悪化しているからとか、

マイナスなことは一切なく、

理由はこれだけです。

「このまま営業やってて自分の人生に何がプラスになるのかな?」

と考え始めたのがきっかけです。

 

営業といえば、会社の利益を追求する部署ですが、

その仕事の仕方は多種多様です。

私のやっていた営業は「パートナー営業」だったかな?

すでに得意先が決まっていて、その得意先に対して、

見積もりや社内、得意先のスケジュール調整を行う部署でした。

 

3年たっていろいろわかってきて、仕事もそつなくこなすことができ、

どんな問題が起きても調整できる自信がありました。

 

そんな時に、「この先に何が待ってるのかな」と考えた時に、

成長が止まってしまうのではないかと思ってしまいました。

 

この理由で私は転職を決意しました。

大前提として、私は仕事とは

「働くことで自己成長ができ、お金ももらえること」

だと思っています。

 

なので、成長ができなかったらその労働時間は無駄になってしまうんですねー。。。

 

なぜエンジニアなのか

いろいろ探しましたよ笑

いろんな会社に行きました。けどしっくり来たのはエンジニアでした。

 

私が転職先として考える基準は

「成長できるところ」

「自分自身で稼ぐことのできる価値のある人間になれるか」

「学んだことは未来永劫価値のあるものになるか」

です。

 

エンジニアでプログラミングを学び、アプリ開発を行い、不労所得を得るとか、

考えてました。(実際に今やってませんケド)

 

ただ、やらなくてもできる可能性があることが大事なんですよね。

 

営業をずっとやっていたらアプリ開発なんて無理です笑

 

また、プログラミングってこの先絶対に理解しておかないと価値のある人間になれません。

人工知能に指図されて人と人工知能の間に入る労働者になってしまい、

なにも楽しいことがありませんよね~。

 

まとめ

転職したいときは、現状に満足できていない時です。

なのでその心の声にまっすぐに答えてください。

 

他人は他人です。

自分自身がどうしたいかです。

 

それではまた明日!!!

1 COMMENT

メラモソ

私も営業をしていて
イクローさんと同じように「このまま営業やってて自分の人生に何がプラスになるのかな?」って考えたことがあって、自分自身と語り合った経験があります!
すごい共感できました!youtubeチャンネルも登録しました!
応援してます!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です